たまには大きなあくびを

私よりも1時間ほど遅く起きたテンちゃんが、ぐわあっと大きなあくびをした。

大きく開いた口がとても気持ちよさそうで、上顎・下顎の筋肉がググッ~と、音をたてていた気がする。

 

テンちゃんの、のびのびとしたあくびを見ていたら、私がいつもしているあくびも、本当は気持ちのよいものなのかもしれない、と思えてきた。

 

大人になる前のいつからか、人前であくびをするときは、大きく開く口を手で覆うようになった。

大人になったいつからか、口を大きく開かず、喉元を広げてあくびをする方法を覚えた。

コロナの感染が拡大してからは、口を手で覆ったり喉元だけを広げたりする必要はなくなった。

しかし、ぐわあっと大きく口が開けるわけではない。

 

たまには、テンちゃんみたいに、ぐわあっとあくびをしてみよう。

意外と、あくびを我慢するよりも、大きく大きくしてみたほうが、顔が伸びて、頭もスッキリするのかもしれないね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA