白味噌のお雑煮

白味噌のお雑煮


昨日は味噌澄ましのお雑煮を作ったけれども、もう一つ作ってみたいお雑煮があった。白味噌(西京味噌)のお雑煮だ。

本で見た、焼いたお餅・大根・人参・白味噌の汁との色合いと、見たことのないお雑煮での高級感が食欲をそそり、これまた白味噌のお雑煮もどうしても作ってみたくなった。


昨日と同じ話になるけれども、私の実家(静岡県中部)では、お醤油のおつゆでお雑煮を食べる。それが当たり前なので、味噌汁でお雑煮を食べるということを思いついたこともなかった。

しかしよく考えれば、味噌汁とお餅が合わないはずがない。確かに今までは思いついたこともなかったけど、白味噌のお雑煮なんて考えただけでよだれが出る。


もう一つ、これもよくよく考えてみると…だったのだが、私が白味噌だと思って食べていた我が家で使っている信州味噌は、白味噌に近い色だけど白味噌ではない味噌だった。なので白味噌と呼ばれるもの、特に西京味噌を食べたことがない。

要するに、白味噌のお雑煮を作ることで、白味噌のお味噌汁と白味噌のお雑煮の両方を初めて食べることになるわけだ。


本で見た具材の通り、焼いたお餅と大根・人参をお雑煮の具材として使った。

(ただ、こんがり焦げ目の入ったお餅を焼くつもりだったのが、トースターで焼いたところ、焦げ目がつかず温めただけのお餅になってしまった。)

白味噌を使った味噌汁・お雑煮は濃いだし…例えばにぼし・鰹節を使うと、せっかくの白味噌の味が損なわれてしまうらしく、だしは使わず、白味噌とお湯のみでお雑煮の汁をつくった。


さあどんな味だろうと出来上がったお雑煮を食してみる。

日本酒のような甘い麹の味を強く感じた。西京味噌はこういう味がするのだなあと。

味噌・お餅の組み合わせは、ほんのりした西京味噌の甘さとお餅の味で、どこかおしるこのようなおやつを食べている気分になった。でもしょっぱさももちろんあって、味噌汁としてもおいしい。

味や舌に広がるまろやかな食感が、とにかく上品な品物に感じた。お雑煮で上品な味と上品な雰囲気が味わえるのも悪くない。


一つ、普段味の濃い信州味噌になれているからか、味が強くない西京味噌は普段よりも量を多くいれないといけなかったようで、少し薄めになってしまったところが残念だった。

にんじん・大根にも味が染み込んでなかったので、今度はもう少し西京味噌を多めにいれたい。昆布ならだしをとっても、西京味噌の味が損なわれないらしいので、昆布をだしにとって作ってみようと思う。

味噌澄ましでつくるお雑煮

お正月に味噌澄ましのお雑煮を初めてつくった。


澄まし汁のお雑煮も食べたことがなければ、味噌澄ましのお雑煮も食べたことがない。

澄まし汁は関東でよく食べられているようだが、静岡中部にある私の実家では、醤油のおつゆのお雑煮を食べている。そのため、澄まし汁のお雑煮も味噌澄ましのお雑煮も、食べることすら初めてだ。


本で見た味噌澄ましのお雑煮がとても美味しそうで、どうしても今年のお正月に作りたくなってしまった。


まずだし汁を作る。だし汁に使われる材料は、昆布と鰹節。数分昆布と鰹節を煮たらせたら、だし汁を布巾で濾す。今度は越しただし汁を温めて、味噌を溶き入れる。そして、味噌汁になったおつゆを布巾で濾す。

そうするとだし汁を作ったときのような、おいしそうな半透明の黄褐色の味噌澄ましができる。が、私は布巾の枚数が足りなかったのか、くすんだ白味噌の色がかなり残ってしまった。

作りながら考えていたのだが、普段食べている醤油のおつゆは味が濃いこともあり、味噌澄ましは分量や見た目からして、味が薄く感じてしまうのではないかと少し心配になった。


具材にかまぼこと鶏肉、正月菜(三つ葉がいいと思う)を使い、いざ食してみると鰹節・昆布・鶏肉のだしがきいていて、ほんのり感じる味噌の味がさっぱりしていておいしかった。味も薄くなかったし、味の強い醤油のおつゆとは異なり、上品でまろやかな味が印象的だった。


ふんふん、こういうお雑煮もあるのだなあと。

醤油のおつゆに慣れているので、お雑煮とは違うものを食べているようにも感じるが、美味しい。白かまぼこを使ってしまい彩りが単色になってしまったので、今後は赤かまぼこを使って作りたいな。

nenemomo の 一汁一菜

「毎日のご飯ってこんなに美味しかった?」

日常的に食べるご飯が、よりおいしく感じれるようになる。

このことが、一汁一菜をする一番の醍醐味なんじゃないかと思う。

 

一汁一菜の良いところは、いくつかある。

家事の負担を少し減らすことができるとか

太りにくくなるとか

食肉を食べる回数を減らすことができるとか

環境問題を解決する一歩になるとか

良いところはいっぱいあるのだけれども、「今日もご飯がおいしい」の効力には敵わない。

  

一汁一菜のご飯は、いたってシンプル。

基本スタイルは、お米・お味噌汁・漬物の三点のみ。

おかずの種類も少なく、決して豪華なご飯ではないだろう。

 

お味噌汁も普通のお味噌汁だ。

家にある食材とお味噌・簡単に使える出汁粉を使って、さっと作られている。

 

簡単かつシンプルな取り合わせだけれども、

一汁一菜のご飯はおいしい。

 

ごはんと漬物を食べて、お味噌汁をすする。

おかずの種類が少ないから、お米とお味噌汁と漬物を、ゆっくり味わって食べてしまう。

 

お味噌汁の具材は、冷蔵庫にあるものを。

冷蔵庫の中から数種類、今日食べたいものを入れてみる。

お味噌も二種類買っておけば、白味噌・赤味噌・合わせ味噌、毎日違った味が楽しめる。

 

おぼんがあれば、3点のご飯も少し華やかに。

”ちょっと特別”と思って食べてみたなら、普段の味もより美味しく感じられる。

 

ぱっとしないと思っていた普段のご飯。

更におかずを減らし、お米・お味噌汁・漬物の三点にしてみても、毎日食べるご飯は昨日と違って、いつも美味しい。

目の前にある食事を楽しめる。一汁一菜の魅力。

嬉しい顔、寂しい顔

まっすぐ外を見ているチワ太。

いつもよりも帰りが遅いお父さんを、じっと待っている。

家の奥にある台所から、ガタッと音がした。

お母さんが夕飯の準備をしているのだ。

外を見ていたチワ太が、くいっと後ろを振り返る。

もしかして帰ってきた、という嬉しそうな顔と。

さっきまでの、まだ帰ってこないの、という寂しそうな顔と。

両方の顔をしているチワ太でした。

たまには大きなあくびを

私よりも1時間ほど遅く起きたテンちゃんが、ぐわあっと大きなあくびをした。

大きく開いた口がとても気持ちよさそうで、上顎・下顎の筋肉がググッ~と、音をたてていた気がする。

 

テンちゃんの、のびのびとしたあくびを見ていたら、私がいつもしているあくびも、本当は気持ちのよいものなのかもしれない、と思えてきた。

 

大人になる前のいつからか、人前であくびをするときは、大きく開く口を手で覆うようになった。

大人になったいつからか、口を大きく開かず、喉元を広げてあくびをする方法を覚えた。

コロナの感染が拡大してからは、口を手で覆ったり喉元だけを広げたりする必要はなくなった。

しかし、ぐわあっと大きく口が開けるわけではない。

 

たまには、テンちゃんみたいに、ぐわあっとあくびをしてみよう。

意外と、あくびを我慢するよりも、大きく大きくしてみたほうが、顔が伸びて、頭もスッキリするのかもしれないね。

 

転ばされたように見えて

白い犬と、黒い犬が、今日もじゃれあっている。

 

遊びのような、けんかのような。

どちらの犬も、負ける気はないようだ。

 

黒い犬が、床に背をつけているところへ、白い犬が、上からちょっかいを出す。

一見、黒い犬が白い犬に、転ばされたようにも見える。

 

実は、じゃれあいの最中、黒い犬は自ら床にごろんと、仰向けになった。

 

下からじゃれて、上からじゃれて。

どちらが負けた、ということがないのだから、今日も仲良く、遊んでいるのだろう。

 

じーっにもいろいろ

2mほど離れた場所にいる目の悪い私でも、

「じーっ」の視線に気が付いてしまう。

「じーっ」にもいろいろあるのだが、

今日の「じーっ」は何だろう。

ご飯がほしい、の「じーっ」。

遊んでほしい、の「じーっ」。

何をしているの、の「じーっ」。

何か面白いことある、の「じーっ」。

朝ご飯を食べ終わった7時15分。

ご飯を食べ終わったから、外に出して、遊んでくれ、の「じーっ」でした。

「私の好きな絵本」を語ろう!

“私の好きな絵本”を語ろう!というイベントを、静岡県掛川市の『旅とカレーと音楽の店 JAN』で開催します。

《詳細》
日時:2020年3月1日 12:00~14:00
場所:掛川 旅とカレーと音楽の店 JAN
内容:JANさんのカレーを食べながら、「私の好きな絵本」について語り合う
費用:2000円 (1ドリンク1カレー+参加費)

このイベントのきっかけ

「他の人はどんな絵本が好きなんだろう。」

私は絵本が好きなのですが、あくまで”私の好きな絵本”が好きで、私以外の人が好きな絵本については、何も知らないぞということに気づきました。

例えば、旅とカレーと音楽の店の店主JANさんと私の好きな絵本は違います。表紙だけでも、違います。

JANさんと私の好きな絵本
『ブーアの森』がJANさんの好きな絵本で、『ビロードのうさぎ』が私の好きな絵本

“私の好きな絵本”以外の絵本を手に取るのは、意外と難しいです。どうしても、自分が好きな絵本ばかりを手にとってしまいます。

「私以外の人が好きな絵本をもっと知りたい。」

他の人が持つ興味や哲学を知りたいと思ったことが、このイベントを開催するきっかけです。

どうして「私の好きな絵本」を語り合うの?

このイベントには、2つのテーマがあります。

1つ目が、“好きなこと”を誰かに伝え、より自分を知るというテーマです。

絵本の話からは少し外れますが、”好きなこと”を誰かに伝える機会というのは、仕事や家事など生活をしている中で、意外と少ないと思います。(私は、少ないです。)

これは私の意見になってしまいますが、”好きなこと”を気軽に伝えてみることは、いいことが多いです。

“好きなこと”を誰かに伝えることができると、“好き”で誰かと繋がれたり、自分の”好き”がより明確になったりします。

明確になった”好き”は、自分の理想の生き方だったり、未来社会に対する理想だったりに、変わるかもしれません。

“好き”が遊びや仕事にも変わるかもしれません。

つまり、自分の「明るい未来への想像」を膨らませられるのが、”好きなこと”を誰かに語るということです。

自分の”好き”をより明確にしていくため、「私の好きな絵本」を語ろうという形をとりました。

*2つ目のテーマについては、最後の参加条件に記載します。

どんなことを語ればいいの?

「この1ページが好き。理由はなんか好きなんですよね。」という率直な感想でもOKです。その後「なんか好き」の”なんか”を言葉にしてみましょう。

このイベントを開催しようと考えた当初は、私の好きな絵本の哲学を語り合おうよ!というスタンスで、準備を進めようと考えていました。

しかし、「果たして私は、絵本に対して哲学を持っているのか?」という疑問が湧いたのです。

例えば、最近私が好きな絵本のワンシーンは、こちらです。

くまのがっこうシリーズの『ジャッキーのクリスマス』に描かれている1ページです。ソリいっぱいのラズベリーがクリスマスに現れ、「やったー!」とジャッキーが喜んでいます。

このシーンを私が好きな理由は、ソリいっぱいのラズベリーと喜ぶジャッキーに癒しを感じるからです。

難しい哲学がなくても、読んでて癒されたり、楽しいと思えたり、感動したりする。

ですので、率直で簡単な感想を語ってみればいいのだと、私は思っています。

反対に、バリバリ語りたい!という方も来てくれたら嬉しいです。語ることが苦手な方が、語れる人の話を聞くと、自分では出せなかった言葉が出てきたり、どんな内容を話したらいいのかが、わかったりします。

言葉を出していくきっかけへと変わると思うので、バリバリ語りたい方も来てくれると嬉しいのです。

(私もバリバリ喋ります。)

旅とカレーと音楽の店JAN、がとても好き

今回イベントを開催させて頂く、旅とカレーと音楽の店JANですが、私はこのお店が大好きです。

旅とカレーと音楽の店JANには、夢があります。

店主のJANさんに夢があることはもちろんですが、週末のライブやイベント、JANさんが語るお話、店内に飾ってある本・壁画から、お客さんに夢を見させてくれる場所なのだと、私は思っています。

どこか冒険をしているような気分になる。

絵本を語るイベントを開くなら、JANさんのお店がいい。自分が知らない世界やワクワクを与えてくれる、楽しいお店なのです。

今回の絵本を語るイベントはお昼の時間に、カレーを楽しみながら行います。

JANさんのカレーは美味しいので、カレーを楽しみにイベントへ参加して頂いても、嬉しいです。

バターチキンカレー

*絵本を語るイベントには参加費も含まれおり割高になっているため、カレーだけを楽しみたい場合は、ランチやディナーに訪れることをおすすめします。

参加条件

参加条件はないに等しいです。

ないに等しいのですが、この条件があればよりいいイベントになりそうと思った条件を一つ、つけることにしました。

私以外の人が話す「私の好きな絵本」について、”話を聞きたい”と思えるか」です。

2つのテーマの内、2つ目のテーマの話になりますが、話を聞くことを楽しもうという意味を込めてます。

このイベントのきっかけにも当てはまるのですが、「私以外の人が好きな絵本を知りたい」ということは、”私以外の人の好き”にも興味を持ってみるということです。

“私以外の人の好き”に興味を持つことができたら、“私の好き”の世界も、もっと広げたり深めたりすることができます。

また、語ることが苦手な人でも話しやすいような環境をつくるためでもあります。

「話を聞きたい」という姿勢も「あまり聞きたくない」という姿勢も、語り手に伝わります。

それなら、「話を聞きたい」の姿勢が伝わるほうが、嬉しい。

ですので、語ると同時に、話を聞くことも楽しんでみましょう。語り手も聞き手も楽しめるイベントになれば、私も嬉しいです。

気軽に参加してみてください

長々このイベントについて語りましたが、気軽にご参加頂けたら嬉しいです。

こどもも、おとなも、おじいちゃんもおばあちゃんも楽しめるのが、絵本です。

このイベントも、絵本のように「誰でも楽しめるイベント」にしていきたいと思っています。

「私の好きな絵本」を私が好きな形で語ってみる。

難しく考えず、軽い気持ちで参加をして頂けたら幸いです。